自分にあったものとは

メジャーを持った下着姿の女性

ちょっとしたコツが必要

毎日つけているブラジャーですが、その胸のサイズは正しいものを選ぶことができているのでしょうか。
正しいサイズだからこそ胸のバストアップされていたり、一層美しい形の胸になることができます。しかし、正しいブラジャーのサイズを選ぶことは簡単ではありません。ではどのような点に注意して選べばいいでしょうか。まず、ブラジャーのサイズはアンダーバスト乳房のカップ部分の大きさで決まっています。アンダーバストは胸の下の胴の部分の周囲の大きさです。アンダーバストは5cm刻みで設定されていて、アンダーバスト70cmと言えば、おおよそ67cmから72cmくらいの大きさになります。70cmよりひとつ大きいサイズは75cmとなり、73cmから78cmくらいになります。実際にブラジャーをつけてみて、小さすぎてきつくなっていないか、大きすぎてゆるくなっていないかを確認してサイズを決定します。ブラジャーのカップを決める場合も試着が必要となります。できるだけ体の肉を寄せ集めてブラジャーのカップ部分にいれると美しく着ることができます。

そのためには実際にブラジャーを付けるときにお辞儀をして前かがみになり、肉を寄せた状態で着てみると上手に着ることができます。
また付けたあとも、手で周囲の肉を寄せてできるだけブラジャーのカップの中に入れるようにし、その状態でぴったりのサイズをエ選びます。このように注意してブラジャーを付けることによって、美しい胸を手に入れることができます。

バストの計測と下着選び

メジャー

プロの計測がベストな理由

自分の胸のサイズを正確に測りたい時は、下着専門店のプロのフィッターに計測してもらうのが最良の方法です。
それというのも、正確な胸のサイズを出すためには、両手は降ろした状態で、メジャーを水平に身体に回して測るのがベストだからです。これはセルフの計測では困難な姿勢ですから、他人に測ってもらう方が良いのです。また、プロの目で見てもらうことのもう一つのメリットが、胸そのもののサイズだけでなく、それを納めるブラジャーのサイズも正確に見てもらえるという点です。
女性の胸は大きさだけでなく、形や位置、さらにはそれを支える土台である骨格まで、人それぞれで個人差があります。
そのため、単純な胸のサイズが分かっただけでは、最適なブラジャー選びには足りないのです。ですから、サイズも含めた胸全体をプロの目で見てもらって、正しいブラジャー選びをすることが重要なのです。そして、胸のサイズは一度測ればそのままずっと同じではありません。例えば体重の変化や姿勢の変化、さらには加齢や妊娠出産などで、女性の胸は常に変化し続けているのです。
ですから、正しくブラジャーを選び、胸をベストコンディションに保ち続けるためには、少なくとも年に一度はお店でサイズの計測をしてもらうようにしましょう。
また、ブラジャーの着け心地や胸の見た目の変化に気づいたらすぐに相談できるよう、行きつけのお店と馴染みのフィッターを見つけておくと、より安心です。

ブラジャーの選び方

バストの測り方

ブラジャーをきれいに着けるためには、胸のサイズに合ったブラジャーを選ぶことが大切です。着け心地がいいからと言って、ぴったりとフィットしているとは限りません。
もしかすると胸が垂れた状態でブラジャーにもたれかかっているだけかもしれません。きちんとブラジャーに包み込んでもらうためには、ぴったりとフィットしたサイズのものを選ぶことが重要なのです。
ぴったりフィットのブラジャーを選ぶためには、胸のサイズを正確に測ることが大切です。正確なカップ数を選ぶことでぴったりとフィットするブラジャーを選ぶことができるのです。
胸のサイズを測る場合には、アンダーバストとトップバストを測らなければなりません。その差がカップ数になります。アンダーバストは胸のふくらみの一番下の部分になります。
メジャーを水平に測らなければいけませんので、鏡などをみて測る必要があります。傾いているとアンダーバストの大きさが大きくなってしまいます。
また、トップバストを測る場合には、胸のふくらみの一番高いところを測ることが必要です。この時に注意しなければならないのは、バストが垂れた状態ではいけないということです。
バストを持ち上げて本来の位置にした場合の大きさを測るようにしなければなりません。そのため、90度のお辞儀をした状態で測ると正確なトップバストを測ることができます。
このようにして、正確なアンダーバストとトップバストを測ることができれば、正確なカップ数を知ることができます。

おすすめの記事